【池袋編】通勤通学で忙しいあなたにもおすすめ!ぷらっと立ち寄れるホットヨガ

TOP > 池袋のホットヨガ情報 > 冬だけではなく夏にも良いことが満載なのが池袋でのホットヨガ

冬だけではなく夏にも良いことが満載なのが池袋でのホットヨガ

 春夏秋冬がある日本では過ごしやすいシーズンもあれば、夏場は暑くて夏バテを起こしやすい時期もあります。冬は寒いですから体が心から温まるホットヨガは、室内で温かくなれる方法ですし、冬シーズンにもぴったりです。秋から冬にかけてのホットヨガも良いですが、実は夏の池袋でのホットヨガも、キツイどころか良いことがたくさんあります。気温が上がる暑い夏場は外に出ただけでも汗をかくので、夏場にはホットヨガは不向きと頭では考えやすいですが、やってみると季節は一切関係なく快適であることを実感するのもホットヨガです。夏のホットヨガをしてみると、気持ちが良いという人の方が多いですし、程よく筋肉がつく事で基礎代謝は上がりますし、体温も高さを維持しやすくなります。冷房が効いた室内で夏場は冷えやすいですが、そんな環境にももう恐れることはありません。

 ダイエットのために痩身エステに通うと、エステティシャンからはエステ後に、すぐには食事をしないように言われます。痩身エステで吸収がとても良くなっているためであり、痩身エステ後思う存分食べると、いつもよりも脂肪吸収が良くなりますが、これはホットヨガのレッスン後にも言えることです。池袋でのホットヨガを受けること自体は問題なのですが、人間の身体が栄養を吸収しやすくなるタイミングがあるので、レッスン後も吸収をしやすくなります。ヘタに体重をアップさせないためにも、ホッとヨガを受ける2時間前と、レッスンを受けた後の2時間後は、おやつや食事は控える方が建設的です。ヨガの運動を行う前後に食事やおやつでおなかを満たすと、ヨガポーズでお腹を圧迫して若干苦しいですし、無駄に吸収率の高い時に食べることもありません。レッスン後にお腹が空いたとしても、水などの水分を飲んでおいて、2時間以上経過してから軽めのものを食べるようにします。

 日本人の体内の多くは水分ですが、普段人はシンプルな水をあまり飲んではいません。水分を摂取しているといっても、内容はコーヒーや清涼飲料水などだとしたら、それは体にとって必要な水分補給にはなってはいないです。池袋でのホットヨガのレッスンを受けるにあたり、レッスンを受けている最中も前後も、水分は多めに飲むようにします。ホットヨガは大量の発汗がありますから、毛穴から汗が多く出ていきますし、同時にミネラル分も失われるためです。ミネラルウォーターを持参して飲むのは良いことですし、ミネラルの多い水分を飲むと不足を補いやすくなります。ミネラルを含む硬水を意識して、ミネラルウォーターを選ぶのも良い方法です。塩分やミネラル補給をスポーツドリンクですることもでますが、内容的に糖分が過剰なため、ホッとヨガではスポーツドリンクではなく水を飲むようにします。

次の記事へ