【池袋編】通勤通学で忙しいあなたにもおすすめ!ぷらっと立ち寄れるホットヨガ

TOP > 池袋のホットヨガ情報 > 速乾性や通気性に優れた素材の服装で池袋のホットヨガレッスンを

速乾性や通気性に優れた素材の服装で池袋のホットヨガレッスンを

 内側の老廃物をスッキリさせるデトックス効果も期待できるホットヨガですが、初心者の場合に悩みになるのが、何を着てレッスンを受けるかです。池袋でのホットヨガはたくさん汗をかく印象があるので、レッスン時にはどんな服装が適しているかまずは悩みます。ヨガウェアブランドなどもありますが、基本は速乾性や通気性に優れた素材であること、動きやすい恰好をすることです。人間の体温よりももっと高い室温の中でするのがホットヨガであり、高温多湿の温度環境の温度は39度前後にもなります。温度と湿度の高さは通常のヨガレッスンより、ずっと高くなるのでその分汗もかきやすいです。ホットヨガのレッスンを心地よい状態でするためにも、通気性が良い素材であること、速乾性も重視しての素材選びがポイントになります。汗を大量にかくので、素材は吸収性に優れていること、さらに乾きやすいことが条件です。

 日本女子の多くは常に頭にはダイエットのことがありますし、池袋のホットヨガに通っていれば痩せると思い込む節もあります。ある意味正しいですが、間違えている面もあるのは、ホットヨガに通っていても、好きなものを好きなだけ食べていては痩せません。体重の変動に減量という変化が無いとしても、それはホットヨガのせいではなく、単に食べ過ぎているだけの可能性が高いです。確かにホットヨガは発汗量がものすごいので、痩せたようなイメージになりますが、発汗量がイコールで脂肪量ではありません。レッスン後に減ったと感じるのは水分だけであり、水分補給をしたら戻ります。さらにホットヨガでの発汗に安心して食べすぎたら、やっぱり太るのは自然なことです。痩せやすくて太りにくい身体作りができるのがホットヨガですから、ダイエット目的でも食べすぎには注意をして、長期戦で取り組むようにします。

 人気モデルや女優も取り入れている人が多いホットヨガですが、実際に女子たちにとってハッピーな効果が期待できる運動です。池袋でのホットヨガを定期的に利用して数ヵ月もすると、多くの女子はあらゆるヨガのメリットに気が付きます。もともと脂肪の方が多いのが女子ですが、だから女性らしい滑らかで柔らかいボディです。ただ脂肪だけだと血行がイマイチになりやすくて、冷え性で悩むようにもなりますが、ホットヨガはそんな冷え性改善にも効果的な方法になります。オフィスワークで夏でも冷房の強くきいた室内では、足先まで冷えて年間を通して冷え性出悩む女子も多いです。でもホットヨガを始めると自然に血流は良くなるので、気が付けば冷え性はかなり軽減されるという体験をする女子は少なくはありません。

次の記事へ